イベント&特集

2024.07.04 NARUTO&BORUTO 忍里イベント&特集

約50Lの水しぶきが吹き上がる「NARUTO&BORUTO 忍里」夏の目玉イベント!真夏の大水遁祭2024『発動させろ!~水遁・水龍弾の術~』いよいよ今週末7月6日より開催!

みんなでびしょ濡れ!約50Lの水しぶきが吹き上がる夏の目玉イベント!
真夏の大水遁祭2024『発動させろ!~水遁・水龍弾の術~』いよいよ7月6日より開催!

▲びしょ濡れ体験で夏を楽しもう!

「NARUTO&BORUTO 忍里」では、家族みんなでびしょ濡れになりながら楽しめる夏の限定イベント、真夏の大水遁祭 2024『発動させろ!~水遁・水龍弾の術~』を7月6日(土)~9月1日(日)の期間限定で開催いたします。
本イベントでは、参加者は、火影岩前の指定エリアにて、忍里のスタッフより「水遁・水龍弾の術」を発動するための、印のレクチャーを受けることができます。アニメではたくさんの印が必要となる忍術「水遁・水龍弾の術」を発動させるため、スタッフと連携してすべての印を結びましょう!成功すれば、約50Lの水しぶきが吹き上がり、まるで参加者自身が忍となって忍術を発動させるリアル忍術体験を楽しむことができます。さらに、忍術成功の記念品として「NARUTO&BORUTO 忍里」オリジナルの水遁祭ステッカーをプレゼントいたします。
忍となって忍術を放ち、びしょ濡れになりながら、忍里で涼しい夏を楽しみましょう!

▲この夏は「NARUTO&BORUTO 忍里」で思い切り楽しもう!

『発動させろ!~水遁・水龍弾の術~』概要

期間

7月6日(土)~9月1日(日)

時間

10:00~22:00(最終入場 20:00)

参加費

無料
※別途、入場料が必要となります
※参加希望の方は、アトラクションスタッフにお声かけ下さい

備考

・施設内に着替える場所はございません
・イベントエリア外でも水しぶきがかかる可能性があります

2024年3月、新たな「地の巻」を体感せよ!

ニジゲンノモリでは、2019年4月にオープンしたアトラクション「NARUTO&BORUTO 忍里(SHINOBI-ZATO)」のミッションラリーアトラクション「地の巻」を、2024年3月9日(土)よりリニューアルオープンいたしました!
本アトラクションでは、ニジゲンノモリ限定のオリジナルストーリーのもと、参加者は「伝説の洞窟」で敵と戦う里の仲間たちの応援に向かいます。しかし、「伝説の洞窟」は忍里に隠された“印”スタンプを集めることでしかたどり着くことができません。

スタンプはエリア内に設置された12ヵ所のスポットで入手することができます。
手の動きを読み取るデジタル技術を導入した忍術体験スポットで入手できるものもあり、スポットに設置されたモニターに向かって、正しい“ 印”を結ぶことで忍術が発動、スタンプを入手することができます。参加者は、よりアニメの世界への没入感を高めながら、アトラクションを楽しむことができます。

「NARUTO&BORUTO 忍里」とは

大人気忍者アニメ「NARUTO-ナルト-」と、「NARUTO-ナルト-」の主人公・うずまきナルトの息子ボルトの活躍を描いたアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」をテーマとしたアトラクションエリアです。巨大な「火影岩」やテレビアニメに登場するキャラクターの原寸大の人形を設置し「木ノ葉隠れの里」を再現。作品の世界観を体感しながら、修業を体感できるアスレチックや、立体迷路などのアトラクションにチャレンジできます。

忍里特設サイトはこちらから

チケットはweb購入がオススメ!

チケットを事前に購入してスムーズに入場しよう!

チケットの購入はこちら

火影の別荘とは

本部屋は、「木ノ葉隠れの里」を治める「火影」の別荘をコンセプトとし、リビングルーム、ベッドルーム、バスルーム、トイレなど、部屋によってテーマを設けた遊び心のあるお部屋です。ご利用者は、アニメに出てくるシーンを再現した場所や、部屋のいたるところに設置されたフォトスポット、ここにしかない限定のアメニティをお楽しみいただけます。

ご宿泊はこちら!

兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」概要

パソナグループは2008年から兵庫県淡路島で自治体や地元関係者と連携し、様々な人材が集う“人材誘致”による独自の地域活性事業に取り組んでいます。2013年には兵庫県が公募した「県立淡路島公園における民間事業の企画提案」に「淡路マンガ・アニメアイランド事業」が採用され、134.8ヘクタールもの敷地を誇る県立公園の雄大な自然を活かした新たな観光客の誘致による地域活性化事業を兵庫県と共に進めています。

「ニジゲンノモリ」の詳細はこちら

© 岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ