ニュース

2019.10.31

【新アトラクション】『ゴジラ迎撃作戦』2020年夏オープン!世界最大の等身大ゴジラがニジゲンノモリに出現!

2020年夏、兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」に、日本が世界に誇る「ゴジラ」の新アトラクションエリア『ゴジラ迎撃作戦 ~国立ゴジラ淡路島研究センター~ 』がオープンいたします!

『ゴジラ迎撃作戦』は、淡路島に上陸した世界最大、全長約120mの等身大ゴジラをテーマにし、強大さと迫力を真に体感できる世界唯一のエンターテインメイントアトラクションです。

参加者は国立ゴジラ淡路島研究センターの一員となり、細部までこだわり抜いたゴジラの体内に参加者が突入する「ジップライン」や、飛散したゴジラ細胞を殲滅(せんめつ)する「シューティングゲーム」などのミッションに挑みます。

また、国立ゴジラ淡路島研究センター限定のグッズをはじめ、『ゴジラ迎撃作戦』の世界観あふれるフード等も販売いたします。

ニジゲンノモリ_ゴジラ迎撃作戦 国立ゴジラ淡路島研究センター

ニジゲンノモリ_ゴジラ迎撃作戦 国立ゴジラ淡路島研究センター

※画像はイメージです

『ゴジラ迎撃作戦』オリジナルストーリー

伝説とされていたゴジラの姿が初めて確認されたのは明治の初め、淡路島を台風が襲った夜のこと。高波とともに姿を現したゴジラは島内を蹂躙し、甚大な被害をもたらし、政府はゴジラの再度の襲撃に備えていた。

そして恐れていたことが現実になり、ゴジラが再び淡路島に上陸。政府は直ちに対応を始めた。ゴジラをニジゲンノモリまで誘導し、地中に仕掛けた爆薬でゴジラの動きを封じ、その口に薬剤を搭載したミサイルを撃ち込むと、ゴジラは活動を停止した。

現在は国立ゴジラ淡路島研究センターの監視下に置かれているが、ゴジラはあくまでも活動を停止しているのみで、いつ動き出すかわからない。その行動を監視するため、皆さんの力が必要だ。

スペシャルムービー

<


「ゴジラ迎撃作戦」の新着情報は
公式WEBサイトや公式Twitterでチェック!

「ゴジラ迎撃作戦」特設サイトはこちら


お問い合わせ先

株式会社ニジゲンノモリ 「ニジゲンノモリ」運営事務局
Tel 0799-64-7061
メールでのお問い合わせはこちら


TM & © TOHO CO.,LTD.

ニュース一覧へ戻る