速報2020.10.10 アトラクショングランドオープン!

ゴジラ迎撃作戦

世界初の実物大ゴジラアトラクション、淡路島に上陸。
チケット販売開始!

TM&©️TOHO CO.,LTD.

最新NEWS

  • 2020.11.3

    ゴジラ迎撃作戦

    2020.11.3

    【ゴジラ迎撃作戦】
    11/3(火)~
    オリジナルフィギュア/完全攻略本の予約開始!

    詳しくはこちら
  • 2020.11.3

    ゴジラ迎撃作戦

    2020.11.3

    【ゴジラ迎撃作戦】
    11/21(土)~
    「~AR×リアル謎解きゲーム~
    巨大不明生物の細胞を追跡せよ!!」登場!

    詳しくはこちら
  • 2020.9.25

    ゴジラ迎撃作戦

    2020.9.25

    【ゴジラ迎撃作戦】
    2020年10月10日(土)
    ついにオープン!

    詳しくはこちら
  • 2020.8.7

    ゴジラミュージアム

    2020.8.7

    【世界初】
    『ゴジラミュージアム』
    8/8~ 先行オープン

    詳しくはこちら
  • 2020.6.19

    godzilla

    2020.6.19

    【SNS】
    国立ゴジラ淡路島研究センター
    (NIGOD)公式Twitter開設!

    詳しくはこちら

ゴジラの体内にジップラインで突入し、
ATTRACTION
ゴジラの細胞を殲滅させるシューティングに挑め。

豪華俳優陣が出演し、東宝制作による映画さながらの大迫力の映像と、本アトラクションのために作られたオリジナルストーリーによって、参加者を一気にゴジラの世界観へ引き込みます。

ジップラインで実物大ゴジラの口から体内に侵入し任務を遂行する「体内監視コース」と、ゴジラの横を滑空する「体表監視コース」の2つのコースがあります。
※「体内監視コース」「体表監視コース」の2コースの内1コースをお選びいただきます。

ゴジラより飛散したゴジラ細胞の増殖を食い止めるために専用の銃で除去するシューティング・アトラクションです。ゴジラ細胞からの攻撃をかわし、高得点を目指してください。

歴代の『ゴジラ』の歴史を様々な資料と共に楽しめる世界初の常設ゴジラ博物館です。ここでしか見られない展示物を数々の公式資料と共にご覧いただけます。

パーク内を散策しながら遊べる謎解きゲームです。「ゴジラ迎撃作戦」オリジナルの設定に基づいた謎解き限定のストーリーと、スマートフォンアプリを使った様々な AR 体験が楽しめる内容となっています 。
※別途チケットのご購入が必要です

「ゴジラ迎撃作戦公式アプリ」

ARスタンプラリー「極秘資料を回収せよ!」など、現地で楽しめる公式アプリです。画面に表示されるヒントを頼りにマーカーを集めて、怪獣のAR写真撮影機能をアンロックしよう。

  • App Store
  • Google Play
ダウンロード無料 ダウンロード無料

チケット

*小学校を卒業する年の3月末までは、小人料金が適用されます。年齢が分かるものをご提示いただきます。
※4歳以下は無料(アトラクションは不可、ミュージアムは入場可能)
※11歳以下(小学生以下)の方は保護者の同伴が必要です。
※価格は税込です。

ご注意 本アトラクションは、動きやすい服装・靴でご利用ください。以下に該当する服装、靴、装飾品を着用されている場合、安全上の理由からご参加いただけません。【服装】スカート・マフラー・コート等の危険が伴う服装 【靴】ハイヒール・樹脂製サンダルなど、踵が固定されておらずブレやすい靴 装飾品】鋭利・長いもの ご注意 本アトラクションは、動きやすい服装・靴でご利用ください。以下に該当する服装、靴、装飾品を着用されている場合、安全上の理由からご参加いただけません。【服装】スカート・マフラー・コート等の危険が伴う服装 【靴】ハイヒール・樹脂製サンダルなど、踵が固定されておらずブレやすい靴 装飾品】鋭利・長いもの

※ニジゲンノモリ園内でもチケットを販売しています(Web購入特典はつきません)
※公式WEBサイト限定 チケット事前購入特典のポストカードは、現地の「ゴジラ迎撃作戦本部」にてお渡しいたします。

チケットのご購入はこちら

GOODS & FOODS

ゴジラ迎撃作戦オリジナルアトラクション映像

ゴジラが淡路島に上陸した経緯や、
ジップラインとシューティングによる「迎撃作戦」の内容を、
ゴジラ映画さながらの臨場感とともに紹介。

アトラクションを体験する前にエリア内に設置された
「シアター」で本作品を見ることで、
『ゴジラ迎撃作戦~国立ゴジラ淡路島研究センター~』の
世界観を楽しむことができる。

STORYストーリー ・見どころ

伝説とされていたゴジラの姿が初めて確認されたのは明治の初め、淡路島を台風が襲った夜のこと。
高波とともに姿を現したゴジラは島内を蹂躙し、甚大な被害をもたらし、政府はゴジラの再度の襲撃に備えていた。
そして恐れていたことが現実になり、ゴジラが再び淡路島に上陸。政府は直ちに対応を始めた。
ゴジラをニジゲンノモリまで誘導し、地中に仕掛けた爆薬でゴジラの動きを封じ、
その口に薬剤を搭載したミサイルを撃ち込むと、ゴジラは活動を停止した。
現在は国立ゴジラ淡路島研究センターの監視下に置かれているが、ゴジラはあくまでも活動を停止しているのみで、
いつ動き出すかわからない。その行動を監視するため、皆さんの力が必要だ。

CAST/STAFFキャスト・スタッフ

【 出演者 】

山崎 紘菜  松尾 諭
中田 春介 尾崎 右宗 伊藤 祐輝 中山 卓也 大宮 将司
伊藤 あさみ イワゴウサトシ 荒川 浩平 嶋本 勝博 河原 健二
木原 勝利 木内 亮(サンテレビ) 吉本 美咲(サンテレビ)
内藤 信幸/濱中 太/笠井 晴海
関口 衡/岩﨑 圭吾/酒井 隆弘/桑原 聡

語り/橋爪 淳

監督・脚本:中川 和博/製作:大田 圭二/プロデューサー:佐藤 善宏 副島 義樹
助監督:中山 権正/制作担当:梁 民柱/仕上技術統括:渡辺 卓人/撮影:足達 豊
撮影助手:山崎 聖史 大内 歩/ドローン撮影:佐々木 邦明/照明:藤井 聡史
照明助手:千々岩 俊二 瀬戸 詩織/録音:加唐 学 反町 憲人/美術・装飾:坂本 朗
美術・装飾助手:和田 香奈子 卓 中泰/衣裳:新井 正人/衣裳助手:砂子 璃々
ヘアメイク:小林 雄美/ヘアメイク助手:中田 麻美/編集:古川 達馬/整音:竹島 直登
効果:野口 透/音楽:岩本 裕司/音楽MIXエンジニア:伊藤 隆文
ゴジラ絵図制作:四宮 義俊 木村 了子 諫山 恵実/ゴジラ古文書制作:橋本 章彦
画面テロップ制作:永易 直樹 GAC/画面制作(NIGOD管制室):上田 倫人
カラーグレーダー:島 健太郎/演出応援:並河 信也/制作進行:武中 唯 池上 緑

CGプロデューサー:井上 浩正 大野 昌代/CGスーパーバイザー:佐々木 悟
3DCG:嶋村 早織 福嶋 瞬カルロス 荒井 栞花
コンポジター:中山 剛志 豊岡 由之 桑原 大輔 白尾 清学 大竹 航

ゴジラ戦略会議:吉川 哲矢 砂子 達也 宮崎 豪

映像協力:サンテレビ/中日映画社/ハリマニックス

【 協力 】

淡路島フィルムオフィス/神戸フィルムオフィス/伊弉諾神宮
淡路市/淡路島岩屋漁業協同組合/本州四国連絡高速道路/ホテルサンルートソプラ神戸
東映東京撮影所/特撮研究所/三和映材社/日本照明/サンズ デコール/白組/alphaliez
AURA/中日映画社/ODEN STUDIO/DI FACTORY/岡田 佳樹/山崎 友一朗
東京現像所/東宝映像美術/東宝ミュージック
東宝スタジオ/東宝スタジオサービス/東宝ポストプロダクションセンター

制作プロダクション:シネバザール

製作:ニジゲンノモリ 東宝

ゴジラ迎撃作戦アーカイブ

NIGOD

NIGODとは、明治時代に上陸した巨大生物「ゴジラ」に関する全ての資料の収集・保存から、「ゴジラ」の再上陸に備えた研究と、駆除を前提とした対策のための旧陸軍の流れを汲む国立研究機関。

海外メディアによるスクープ映像

第一弾

commingsoon

第二弾

アトラクション協力

株式会社東宝映像美術 株式会社ホビージャパン
株式会社BANDAI SPIRITS 株式会社バンダイ
有限会社酒井ゆうじ造型工房

ページの先頭へ戻る